妊活・不妊治療

【不妊治療時に活かせる!】薬を飲む前に〇〇を要チェック

こんばんは!
もずく( @mozumozz )です。

突然ですが、不妊治療をはじめると、
薬を飲む機会が増えませんか?

わたしもピルやクロミッドやら、
治療を始めてから服用した薬は数知れず。今後は、ホルモン剤も・・・。

以前から、
「薬で生理を起こせるのはおかしい!クスリ怖い!」と思い、なるべく薬を避けたいのですがそうもいかず。。
(自然に生理が来ないのも怖いですが・・)

薬は諸刃の剣であることを念頭に、
薬と上手く向き合うため、
『薬をなくす顧問薬剤師』の伊庭先生のセミナーに以前参加しました。
https://www.facebook.com/ibasatoshi/

そこで話題に出た『添付文書』についてご紹介します。

薬を飲む前にチェックする『添付文書』とは?

簡単に言うと、薬の説明書です。

薬局で渡される資料では、服用方法などは記載されていますが、添付文書は渡されません。

添付文書は必ず発行されており、ネットで検索すると確認出来ます。

「薬名 添付文書」で是非ググってください!

もずくがチェックする添付文書の内容

添付文書は、
医療従事者が目を通す資料のため、
素人が全て内容を理解することは難しいです。

その中で、素人が理解しておきたいことは『禁忌と副作用』です。

まずは、この内容だけでも抑えましょう!

添付文書より抜粋▼

沢山なにやら書かれていますね・・。

例:クロミッドの添付文書

排卵誘発剤で有名なクロミッド。

私もお世話になりましたが、何度も服用していると卵巣が過激刺激されるとのこと。

添付文書より抜粋▼

 

「クロミッドの飲み過ぎはよくない」と医師から忠告を受け、途中で服用をやめました。

よくない理由を理解してなかったので、こちらで判明。

呼吸困難の可能性もあるとは・・恐ろしい。

最後に【自己治癒力も信じて、うまく薬と向き合う】

ピルを初めて服用した際、

もずく
もずく
なんであんな豆粒飲んだだけで、いつも来なかった生理がくるんだろう?

と不思議で仕方なかったのですが、
添付文書を見ると聞いたことがない物質の名前がいっぱい^^;

薬で助けられることがある反面、
副作用も必ずあります。

不妊治療をはじめると、色々な薬を服用する思いますが、
まず添付文書を読んで薬の内容を知りたいですね。

1番は、薬に頼らない生活を送ることなんですけどね・・

とはいえ、薬を毛嫌いせず、
不妊治療を受けられる現代医療に感謝。

自分の治癒力も信じながら、
うまく薬と向き合っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です