マレーシア

【ママの元気が1番】マレーシアの産後院でショートステイ

マレーシアで出産→NICUへ3ヶ月入院後、
コロナで日本の家族からの助けなく夫婦で育児を頑張っていました。

途中、産後うつっぽくなり、
主人から離れたくなり・・(汗)
産後院のショートステイを利用することになりました。
※2020年8月に利用

ママの元気が1番!
利用して良かったです^^

産後院とは

マレーシアで出産した日本人の方は、
下記3つの方法で産褥期を乗り切るそうです。

①日本から家族が手伝いに来る
現役世代の両親だと手伝いに来ることがなかなか難しいことも・・。

②産褥アマさん(ナニーさん)
住み込みで母子サポートをしてくれるお手伝いさん。
人気がある人は早い段階で予約が埋まることも・・。

自宅で住み込みをするため、
相性が合わない人だったら地獄という声も。

③産後院
母子で滞在する施設。
24時間体制で赤ちゃんをお世話してくれて、母親は個室でゆっくり過ごすことができます。

私の産褥期は、
娘がNICUで入院している間に終わりました(苦笑)
娘の世話がなかったので産褥食デリバリーのみ利用していました。

施設によりますが、産後院によっては産褥期以外の利用も可能です。
今回お世話になった産後院では3日間から滞在できます。

Blissful Parentingについて

公式サイト https://blissfulparenting.com.my/
Facebookページ
https://www.facebook.com/BlissfulParentingConfinementCentre/

【選んだ理由】
Facebookの日本人ママコミュニティで紹介してもらった&母乳マッサージで一度訪問したことがあるため選びました。

KLでは産後院がいくつかあり、
日本人に合う合わないがあるみたいです(特に中華系は厳しいとか!?)
こちらは日本人の方でも過ごせると聞き、安心して申し込みしました。

職員の人に聞くと、コロナの影響で日本への里帰りを諦め、
産褥アマさんを手配できず、こちらの産後院を選んだ人もいたそうです。

施設

※施設外観の写真を撮り忘れたため、Google マップからスクショ。

バンサーの閑静な住宅街の中に位置しており、
到着すると中の人が門を開かないと入れずセキュリティーは厳重にされていました。

1軒家全体で産後院となっており、
事務所・宿泊部屋・新生児室・プール・小さなホールがありました。


新生児室へ入室するにはキーが必要です。


大きなバルコニーで開放感溢れるスペース

常に宿泊している家族(旦那さんや兄弟、祖父母まで!)がくつろいでおり、
みんなで遊んだり、喋ったりしていました。

ちびっ子たちのパジャマパーティーw
我が子の髪を見て「so many」と言われた場面w

 

 

メインスペースの隣に新生児室があります。
ガラス張りのよく病院でみるアレです。


宿泊部屋は〇〇部屋あり、料金によって部屋のランクが違うようです。
今回、ショートステイだったので普通の部屋です。

普通の部屋でも家族滞在は十分可能な大きさでした。
(地下の部屋はwifiが弱く、全然繋がりませんでした・・泣)

サービス内容

腹巻

食事

一日3食+おやつ付き

 

料金

まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です