早産

【超未熟児だった宇野昌磨さん他】早産児だった有名人

先日、フィギュアスケート選手宇野昌磨さんが超低出生体重児だったことを知り、
他に早産児だった有名人を調べてみました。

フィギュアスケート選手@宇野昌磨さん


平昌オリンピック銀メダルリストの宇野選手

彼は24年前、
900gで生まれた超低出生体重児でした。

幼い時は身体が弱かったため、身体を強くしたいと様々なスポーツに挑戦。
その中でフィギュアに出会い、才能が開花!

メッセージ

以前、名古屋第二赤十字病院NICUの同窓会宛に送ったメッセージがSNSに流れていました。



一部内容を抜粋▼

「900gで小さく産まれた僕がここまで来れたのも、両親の前向きな愛情があったおかげです。

成長の何もかもが遅く両親は心配ばかりしていました。

言葉が遅くても小さい頃の事は少し覚えています。

皆さんのお子様も小さく産まれた事をハンデに思わず、個性として成長を楽しんでください。

子ども達は記憶に残るのが母の笑顔だと嬉しいと思います。

産まれた時は生きてさえいればと言われた僕も今ではアスリートとして成長しています。

お子様の未来の可能性を応援しています。」

今ではNICUの卒業生ギャラリーで宇野くんの展示があるようです。

これは、すごく励まされますよね!

シンガーソングライター@スティーヴィー・ワンダー氏

1950年に在胎34週目で生まれ、未熟児網膜症を発症。
そのため、全盲になったと言われています。

※全盲に関しては噂ベースで確証がないようですが。。

歌手@Dream Amiさん

1970gで生まれて医師から
「目が悪くなり眼鏡が必要かもしれない」と言われてから、
母親が常々「いつも遠くを見るように」と言い聞かせ、よく山を眺めていたそうです。

結果、両眼とも1〜1.5の視力を維持中!

スポーツ界でも早産児が!

陸上選手の山縣亮太さん、視覚障がい者水泳選手の小野智華子さんなど、
スポーツ選手にも早産児だった方々が活躍されています。

早産児を持つ母親として、活躍される姿に勇気づけられます!

早産児だった有名人のまとめ

意外にも早産児だったスポーツ選手として多く活躍していて、
「きっかけは、身体を強くするためにスポーツを始めたのかな?」と思ったり。

同じ早産児ママとして、
その姿をずーっと見守ってきたご両親の想いを考えて、とても感慨深いです。

娘がどんな道を選ぶか分からないけれど、
いつも温かく見守ってあげたいな〜と思います^^