フィリピン

【人と比較していませんか?】フィリピンで気づいた幸せの正体

こんばんは!もずくです。

現在、セブ島へ留学しています。

発展途上国のフィリピン。
セブ島でも至るところで貧富の差を感じ、「幸せとは何か?」を日々考えています。

幸せの答えはありませんが、少し見えてきたことがあります。

【本題の前に】フィリピンで驚いたこと

生活や文化などの違いによる驚きはありますが、異国の地なので想定内です。

一番の驚きは、
フィリピン人を取り巻く経済や環境は、本人のチカラだけでは脱出しにくいことです。

 

フィリピン人先生
フィリピン人先生
フィリピン経済が悪いから仕方がないんだよ・・

語学学校の先生は、フィリピンの現状をよく嘆いていました。
(とはいえ、みな愛国心にあふれています。)

海外で稼げるよう、週末は大学院に通いスキルアップを図る先生も多数います。

 

フィリピン人の月収を知って絶句

語学学校の先生たちのお給料は、平均1〜2万ペソ(日本円だと2〜4万円)の模様。

その分日本より物価が安いですが、
2万円だと日本でエステを1回受けるくらいの金額ですよねぇ。。

フィリピン人は自由に海外へ行けない

フィリピン人が海外旅行へ行こうとすると、
ビザ(査証)なしで行ける国はかなり限定されています。

ビザ申請にも、かなりの労力とお金がかかり、
ほとんどの先生たちはフィリピンを出たことがありません。

一方で、日本人はビザなしでいける国と地域は189ヶ所と、
世界で1番です。

(出典:ヘンリー&パートナーズ社 グローバルパスポートランキング)

そのため、「日本人はリッチだよね」
フィリピン人からよく言われます。
私は、自分が金持ちだと一切思ったことがないのですが、
逆の立場から考えると、きっと同様の考えを持つと思います。

比較で決めていた、自分の幸せ

「自分が当たり前だと思っていたことが、実は当たり前じゃないかも!?」
日本を離れてみると、つくづく感じています。

正直、フィリピン人の現状と自分を比べてみると、
「私は恵まれているなー」と感じていました。

お金を持っていること・・
海外旅行へ行けること・・

これが、必ずしも幸せに繋がるとは限らないですよね。
給料が安く、また海外旅行へ行けないことが、
不幸と決められないはずです。

先生たちはフィリピン人として誇りを持っており、
給料が低くて貯金が少なくても、海外に行けなくても幸せだと言っていました。

—————–

・・色々考えを巡らせていると、
ハッと気付いたのです!!

何かと自分を比較することで、
自分は幸せなのかそうじゃないかと決めているのではないか?

ということです。

「子どもを持つこと=幸せ」になっていないか?


幸せの価値観は人それぞれ違いますし、
いろんな答えがあるべきだと思います。

妊活中、子どもが出来ることにフォーカスされ、
「子どもが出来る」という目標達成が
幸せに繋がる

と考える方もいらっしゃいますよね。

実際、わたしも上記の方程式が幸せに繋がると考えていますし、
無理に考えを変えるつもりもありません。

ただ一度振り返り、
比較対象を全てなくして「自分は今幸せなのか?」と
問いかけてみました。

今も十分に幸せなのです^^

これから不妊治療に取り組んでいきますが、
子どもが出来ても、出来なくても、
変わらず等身大の自分が幸せであるということ。

そんなことを許容できる心を忘れずにいたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です