フィリピン

【日本人だけじゃない!】フィリピンの妊活&不妊事情調査

こんばんは!もずくです。

結婚を機に今年マレーシアへ移住しましたが、
いまはフィリピンで語学留学をしています!

マレーシアの公用語に英語が含まれており、
今後生活に困らないよう、留学することにしました。

フィリピン留学はマンツーマン指導が特徴で、よく雑談も。笑
授業中、フィリピンの妊活や不妊事情を聞いてみました!

J先生の場合(26歳・既婚)

J先生
J先生
結婚して1年経つけど、なかなか子どもができないのよ。

市内は排気ガスがひどく、新鮮な野菜なども手に入らないのよね。
田舎の方が環境がいいから、妊娠しやすいかもね。。

このまま妊娠しなかったら病院へ行こうと思うのだけど、、、
治療費が高いんだよね・・・

J先生は、仕事によるストレスや周囲の環境から上記のように分析していました。

フィリピンは年々人口が増えており、国からピルが支給(!)されることもあったそうです。

そんな状態なので、不妊で悩む女性は少数派なんだとか。

E先生の場合(23歳・彼氏あり)

E先生
E先生
2年前に仕事のストレスで急激に太り、
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)で生理が止まったのよ。

それからダイエットして生理が戻ったんだけど、また太ってきて生理が止まっているんだよね。

その度に妊娠したのではないかとヒヤヒヤしてるの!

うちはカトリックだから、婚前妊娠は親がすごく怒っちゃうよ(苦笑) 

まさか、フィリピン人から「PCOS」という言葉が!(ノ゚ο゚)ノ

C先生の場合(24歳・未婚)

C先生
C先生
わたしが太っている理由は、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)なの!
生理も不定期なんだよね・・。

頑張って減量したら生理が来たんだけど、今はまた来ないのよね・・。 

なんと、2人目のPCOSでした!

C先生の場合、ピルで生理を促すことになったようですが、
「薬は危険」という考えから、いまは服用を控えているようです。

C先生
C先生
PCOSの治療法を色々調べてみたけれど、
1番はライフチェンジだよ!もずく! 

と肩を叩いてくれました。

ちょっぴりふくよかなC先生。PCOSの影響だったんですね・・・

K先生の場合(32歳・子供あり)

K先生
K先生
不妊治療考えているの!?大丈夫だよ!
毎日s○xしていたら子ども出来るよ!

もずく!今晩トライしなさい!!!

なんとも楽観的なご意見をいただく反面、

もずく
もずく
私の場合、治療がないと妊娠が難しいんだよ・・

と諦めモードの自分がいてました・・orz

フィリピン滞在で感じたこと

2ヶ月間という短い間ですが、
フィリピンに来てまず驚いたことは
子どもの多さ(平均出生率は3人程)&フィリピン人のおおらかで陽気な国民性でした。

もずく
もずく
仕事中に歌っている人多いよね~

食事に関しては、フィリピン料理はオイリーなものが多いです。
理由は、暑い国なので衛生上、揚げ物に頼ってしまいがちなんだとか。
その上、あま〜いコーヒーをはじめ、甘いものがフィリピン人は大好きです。

フィリピンには子沢山というイメージでしたが、
その反面、PCOSに悩む女性もいました。

どこの国でも人間として生きている限り、
似たような悩みを抱えているんですね。

先生たちと妊活・不妊事情について前向きに議論できることができ、
なんだかフィリピン人の陽気さに救われたひとときでした^^

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です