マレーシア

【クアラルンプールに突如出現】無人コンビニBingo boxに潜入!

先日、
クアラルンプールの繁華街である
ブキッビンタンを散歩していたところ、
見慣れない建物を発見しました。


「何だろう?これ?」
・・・思わず声を出して、駆け寄ってしまいました(;^_^A

誰も人がいないこの建物の正体を調べてみました!

クアラルンプールにコンテナ型無人コンビニ?

普段見慣れないコンテナを目の前にし、
近寄って中を確認してみると・・・


無人コンビニでした。

 

去年末から、
中国の無人コンビニ「Bingo Box」がクアラルンプールに進出しているようです。

あまり大きな声で言えませんが・・
わたしが立ち寄ったお店は、周囲にコンビニがいくつもあり、
おまけに、人通りも少なくお客さんが入っている様子はありませんでした。苦笑

普通のコンビニとBingo Boxの違い

マレーシアのコンビニ事情
マレーシアには、日本人にはお馴染みのファミリマートやセブンイレブン…、
その他ローカルのコンビニも数多くあります。

機能的には、
日本のコンビニと大差なく、24時間営業のところも多く、
コーヒーマシーンも完備されています!

普通のコンビニ vs 無人コンビニ
強いてあげるなら、
普通のコンビニとBingo Boxの違いは、下記2点になります。

・コンビニ店員とやり取りなし
・キャッシュレスで買い物完結

誰にも会わず、お金も持たずに買い物が成り立つのが無人コンビニの特徴と言えます。

もずく
もずく
これだとすっぴんでも大丈夫かも!?

【実録】入店してみました

入店まで
まずは、Bingo boxのアプリをダウンロードし、
入り口に表示されているQRコードを読み取ります。


QR読み取り後、入り口のドアが開きます。
入るとすぐにカメラがあり、顔認証がされるようですが、
自ら立ち止まってカメラで顔を写すことはなく、すんなり店内に入ることができました。

店内の様子

店内はいたって普通のコンビニと変わりなく、
ジュースやお菓子が陳列されていました。


冷蔵庫も完備されています。

レジの様子

レジでは、Bingo boxの使い方の動画が流れ、
商品の値段を読み取るボックスと、精算を行うタッチパネルがありました。


実際にキットカットを2つボックスに入れてみたところ・・・

タッチパネル上で、金額が表示されました!
(日本のGUの無人レジと同じような仕組みですね)


その後、アプリの方に商品情報が転送され、
指定の電子マネーで支払いをすれば完了です。


退店時は、ドア近くにあるカメラの前で立ち止まることを要求されますが、
数秒だけでストレスはありませんでした。

どうですか?
すごく簡単ではないでしょうか??

感想

無人コンビニということで、
「ガチガチにセキュリティが固められた店内なのかな?」と想像していたのですが、
いい意味で予想は裏切られ、普段と同じように買い物ができました!

気になった点は、
日持ちがしない商品(おにぎりやデザートなど)は陳列されておらず、
日用品・飲料・お菓子が主な商品になりました。
(理由は、店員がいないので頻繁に商品の差し替えができないからでしょう・・)

マレーシアでは自動販売機がないため、
気軽にドリンクやお菓子を購入するには無人コンビニは使いやすいです!

ただ、人がいないコンビニはかなり無機質な空間になるため、
普及はちょっと難しいかもしれません・・^^;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です